探偵を頼むのにかかる料金とは

実際にどれだけ料金がかかってくるのか

探偵に依頼するのは高額な金額がかかる理由

人件費として払うお金は、皆さんが思っている以上に高額だと思うでしょう。
調査する人1人に対して1時間1万5千円から2万円が平均的な金額と言って良いでしょう。
時給にすると本当に高額でびっくりしてしまうかもしれませんが、探偵が依頼し請け負う仕事内容はとても特殊で、時に危険な目に合うときもないとは言えません。
そして一つのミスで逆に訴えられてしまう事もあるので、依頼者の人生だけではなく、自分の探偵という職も危ぶまれてしまう事だってあるので常にプロ意識を忘れずにいなければいけません。
このようなリスクを背負って調べる必要がある探偵の仕事は高額になってしまっても仕方のないことかもしれません。
高額な金額になってしまうのにもきちんとした理由があるのです。

実際に依頼してかかる相場を紹介

探偵一人一時間1万5千円で一日5時間の捜索をした場合、最低でも探偵は2人以上は必要なので二人で行動した場合は、調査料金だけでも一日一人7万5千円、二人で15万円はかかってしまいます。
その他に交通費や書類作成費用も掛かってしまうので、高額になってしまうのは避けられません。
参考までに、探偵以来として最も多い浮気調査の料金相場は30万~50万円です。
素行調査や行方不明者の調査は、多少長い期間が必要な場合がるので50万~70万はかかってしまってもおかしくないでしょう。
ストーカーの実態調査も慎重に確実な証拠を集める必要があるので70万はかかってもおかしくないでしょう。
探偵事務所によって様々なサービスがあったり、追加料金がかからない探偵事務所もあるため、依頼する前に下調べすることは必要かもしれません。