失敗しないマンション経営術|リスクを回避せよ!

賃貸経営にあたって

婦人

安定収入を実現する

不労収入を得るための方法や、土地の活用方法のひとつとして挙げることができるのが、賃貸マンションやアパートの経営です。そんな賃貸経営にとってのネックになってしまうのが、入居者が決まらない空き室が増えることによって、安定した収入を得られなくなってしまうケースが珍しくはないという点です。そういったケースを避けることが可能になり、安定した収入を得やすくなるのが、家賃保証という制度を活用する方法です。家賃保証とは、大手のハウスメーカーなどが設けてくれている制度であり、管理会社に入居者の管理を委託する契約をすることを指し示しています。つまり、家賃保証を利用することによって、空き室の有無に関らず、毎月安定した収入を得られるようになるのです。また管理を任せることができるため、賃貸経営に関してのノウハウが一切ない状態でも、経営を始める事ができるといった側面などで人気を集めています。

収益性とのトレードオフ

家賃保証を利用する際の注意点としては、個人での経営を行なう場合と比較して、収益性が落ちてしまう点を挙げることができます。たとえば個人で経営をする場合、入居者が契約時に支払うことになる礼金や敷金などの費用を経営者が決めることができますが、家賃保証を利用した場合には、ハウスメーカーなどがそれらの数値も決定することになります。つまり、本来なら礼金として家賃二か月分の収益を得られるようなシーンで、家賃一ヶ月分の収益しか得られなくなるケースが珍しくはないのです。とはいえ、全くのノウハウがない状態から賃貸経営を行うのは難しく、また安定した収入をノータッチで得られる様になるといった点を考慮すると、特に副業として賃貸経営に乗り出すことを検討している場合などには、積極的に利用するのがオススメの制度だと言うことができます。初期投資の金額が決して少なくはないのは賃貸経営であるため、長い目で見た際に、経営の安定性が見逃すことができないメリットになるためです。